setting icon セキュリティオペレーション

CYFIRMAはセキュリティチームにとって信頼のおけるサイバー脅威インテリジェンスプロバイダーです

  • 攻撃対象領域、デジタルリスクプロファイル、サイバー脅威インテリジェンスの詳細を含む、実用的かつタイムリーで、状況に合わせてカスタマイズされたサイバーインサイトを提供します
  • Early Warning(早期警告)は差し迫ったサイバー攻撃の予見に役立つ重要な要素ですSOCチームは攻撃を防ぐため推奨される改善案やノウハウを得ることができます
  • 外部の脅威情勢に関するインサイトは、脆弱性や公開資産に関連するデジタルリスクを明らかにするのに役立ちます
  • 攻撃者のTTP(戦術・テクニック・手順)に関連するインサイトにより、サイバーせキュリティ対策を効率化します
  • 個々の脅威インディケータ(IoC)に対するリスクスコアリングは、SOCチームが、フォルスポジティブを削減したり無数の低優先度アラートを優先順位付けすることに役立てる事が可能です
  • 脅威アクターならびにそのTTP(戦術・テクニック・手法・手順)を詳しく理解することで、効果的なインシデントレスポンスを実行します
setting icon 最高情報セキュリティ責任者(CISO)

セキュリティリーダーは、ビジネスとITとの橋渡しとなり、戦略的かつ戦術的な存在である必要があります。技術的専門知識とリーダーシップスキルを備えたCISOは、自社の業務運営をきちんと理解し、ビジネス視点からセキュリティの優先順位を明確化します。

DeCYFIRのエグゼクティブダッシュボードは、企業のリスクとハッカビリティについて迅速な分析結果を提供します。トレンド分析により、セキュリティリーダーは時系列ごとの状況の変化を把握することが可能になります。DeCYFIRの脅威インテリジェンスとDeTCTのデジタルリスク保護により、セキュリティリーダーは、経営層との強固な信頼関係の構築を支援する包括的な意思決定ツールキットを得ることが出来ます。DeCYFIRを活用することで、CISOは以下を達成することが出来ます。

  • 自社が潜在的な標的となっているサイバー攻撃を予測
  • 各組織、業界、地域に関連したサイバー脅威とリスクに関するパーソナライズされたインサイトを理解
  • 脅威アクターならびにその動機や手法、キャンペーンなどのコンテキストを含むインサイトを提供する戦略的脅威インテリジェンスを入手
  • 確信を持って新しいビジネスイニシアチブのリスク評価を実行
  • セキュリティ予算や人員配置について、より戦略的な意思決定を実施
  • セキュリティコンプライアンスを確立し、セキュリティ管理を全方位的に最新の状態へと更新
setting icon 最高リスク管理責任者(CRO)

CROは組織の収益性や生産性を危険にさらす恐れのあるビジネスリスクを軽減する取り組みをリードします。企業を脅かす恐れのあるイベントの特定・分析を行う際に、CROはDeCYFIRのサイバー脅威インテリジェンス分析プラットフォームのリスク軽減ソリューションとしての有用性を確認することが出来ます。

  • リアルタイムな脅威インテリジェンスを使用しリスクレジスターを効果的に行う
  • サイバー脅威とリスクの早期発見と軽減を可能に
  • 組織のサイバーリスクプロファイルを効果的に監視、大幅なコスト削減に貢献
  • 法令、規制ならびにその他コンプライアンス要件に効率的に準拠し、有効性と効率性を向上
  • 戦略的及び統制的な脅威インテリジェンスを活用することにより、意思決定プロセスへリスク管理を効果的に統合することにを可能に
  • 進展する脅威情勢に合わせ、自組織の脅威とリスクプロファイルに関する経営層や外部利害関係者とのコミュニケーションを強化し、関連するサイバーリスク管理施策を計画
setting icon 最高マーケティング責任者(CMO)

CMOは全社的なブランド及び評判の維持・向上に責任を持っています。ロゴ、製品もしくは経営幹部へのなりすまし行為などは、組織のブランドエクイティを失墜させるリスクがあります。CMOは、DeTCTのデジタルリスク保護機能を活用し、企業の収益性と事業存続性を危険にさらすブランド侵害を明らかにすることが出来ます。